チャットレディジョブ= 高収入在宅アルバイトをライブチャットサイト「ライブチャットマシェリ」でするための求人サイトです。

 
 

« ご 利 用 規 約 »

〜必ずお読み下さい〜

第1条
本契約はマシェリ事務局(以下、甲という)が営むサービスで、応募者(以下、乙という)をパフォーマーとして起用する際にトラブルや問題を事前に防止のための合意と理解を求めることを目的とする。
パフォーマーは会員に対してリアルタイムライブコミュニケーションツールを用いて、パフォーマンスを行うことが目的であり、会員との交際を直接的に面会するか否かを問わず、交際希望することを禁止し合意する。
第2条
当契約は身分確認の後の本登録後より1ヶ月間とし以後は甲乙いずれかからの契約解除の申し出がない場合、自動的に更新するものとする。
第3条
乙は甲に対し偽りなく生年月日・年齢・その他契約に関する必要事項を申告しなければならない。万一偽りがあった場合によって生じる条例及び法律的責任は全て乙に帰するものとし、甲は責任がないものとする
第4条
報酬については以下の通り定める。
  1.  甲が乙に支払うべき報酬は業務委託費とし、支払いは自由清算とし、毎月末日に清算可能金額を全額清算する。
  2.  支払いについて
    月額の場合、毎月末日〆分を翌月5日に、自由清算分に関しては、当日午前11時までの清算処理分は翌営業日に乙の指定する銀行口座に振込とする。
    支払日が休行日の場合、次の翌営業日に当たる日の支払いとする。
    振り込み手数料については1回につき、事務手数料を含む一律525円を乙が負担するものとする。
    尚、清算時に口座情報に不備、誤りがあった場合は 事務手数料1,725円を差し引いた金額を再度管理画面へ返戻させていただきます。
  3.  通信関係その他設備にかかる費用は、すべて乙が負担するものとする。
  4. 30日間一度も甲の営むサービスにログインがない場合は乙の獲得ポイント・報酬は失効するものとする。
  5. 金額については、甲の都合により変更する。
  6. 甲が、サービス利用者からサービス料を徴収不能になった場合、又は徴収不能と判断した場合は、甲が乙への支払をサービス利用者からの徴収が完了するまで停止する事ができる。
  7. 乙がこの規約に違反した場合の報酬は甲は一切支払わない。
      又、規約違反に抵触している恐れがある場合も審議完了まで報酬の支払い、会員の権利を一時保留とする。
  8. 乙の精算は、1回の精算当たり5,000円以上を精算可能金額とする。
第5条
乙は甲のサービス内において、条例、法律等を犯したり、モラルに反する行為、契約内容をサービスの利用者または第三者に漏らしたり等の甲に不利益な行為を一切しないものとする。
第6条
乙は等契約作業時間内外を問わず如何なる理由があろうとも、サービス利用者との面識を禁ずる
第7条
乙は甲のサービス内において、自ら又は利用者の要求に応じて性器を露出すること、その他公序良俗に反する内容のパフォーマンスを禁ずる。
第8条
次の各号に該当する場合は契約期間中であっても契約は即時終了する事に乙は異議ないものとし、その他、乙が損害を負ってもそれに関する損害賠償などをサービス関係者に請求しない事を乙は約する。
  1. 全各条に準ずる行為に関して、甲の指示に従わず、作業態度が甲の基準より下回ると判断された場合。
  2. 当契約時に甲に申告した内容に偽りがあった場合。
  3. 全各条に準ずる項目に対し、一つでも違反行為があった場合
第9条
当サイトに所属するパフォーマーは、より効率的な報酬の獲得の為弊社が指定したサイトにて紹介される。 又、当サイトと業務提携しているサイトと個人情報を含むすべてのデータを共有することを許可する。
第10条
  1. 作業内容、報酬他の条件については甲の都合により変更する。
  2. 作業時間等については、この契約を請負契約とし、作業時間等の時間管理及び拘束する時間の労働ではないものとする。
  3. 管理すべて乙において負担すること。請負契約であるが故に甲は乙に対し指示、命令権はない。
  4. 甲の事情によりこの契約は即時終了する場合がある。
  5. 警察及び公的機関から、契約内容の開示を求められた場合は、甲の判断により開示する。
第11条
乙は当契約の各号に違反した事により、その他乙の行為により甲が被った被害を賠償する責任がある事とする。
第12条
甲と乙は雇用関係でない事を確認する。
第13条
当契約は譲渡できないものとする。
第14条
当契約に関し、甲乙間に紛争が生じた場合は大阪地方裁判所及び東京地方裁判所を管轄裁判所とすることを甲、乙は同意するものとする
第15条
本契約書に定めない事項については、必要に応じて甲乙協議の上定めることとする。
以上、上記に上げる内容について全て合意いたします。
第16条 準拠法及び管轄裁判所
  1.  本利用規約の準拠法は、日本法とします。
  2.  パフォーマーと弊社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附則
  1.  本利用規約は2004年6月20日から施行します。
  2.  本利用規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本利用規約が適用されます。